エコノミスト 2021。 『エコノミスト2021』世界はこうして操られる!

『エコノミスト2021』世界はこうして操られる!

2021 エコノミスト

(上がスロットの絵柄で、下がclipsのアイコン) clipsは動画編集できるアプリなので、主要メディアの偏向報道を示している可能性もありそう。

2

エコノミストの72%が、アメリカは2021年の終わりまでに不況に入ると考えている

2021 エコノミスト

そして、カ、スイス、vimeoアプリからと考えられるわけなのです。 最新調査で分かった。 ここを少し見てゆこうと思います。

8

エコノミストの72%が、アメリカは2021年の終わりまでに不況に入ると考えている(BUSINESS INSIDER JAPAN) 赤かぶ

2021 エコノミスト

1982年に連載開始した大友克洋のマンガ「AKIRA」で、東京オリンピックの2020年開催を予言したことで、話題になりました。 これはなにを意味するのでしょうか。

The Economist 2021表紙考察 キーは日本だが?

2021 エコノミスト

そして各国首脳の中に安倍首相の顔がありませんでした。 彼らは買っている。

エコノミストの72%が、アメリカは2021年の終わりまでに不況に入ると考えている

2021 エコノミスト

「もう少し先を見ると、21年後半からインフレが上振れするリスクがあり、連邦準備制度の政策期待に破壊的な変化を生む可能性がある」との見解も示した。 ヨーロッパを中心とした世界地図ですが、 北側の土地に光が当たっているように感じます。 よく見ればイギリスが中心になっており、これは裏から動かしているのはイギリスであるということか、単純にはイギリスから出しているからイギリスを真ん中にしているのどちらかですね。

3

エコノミスト2021年の表紙は今年も匂わせがすごい(ちょっと考察あり)

2021 エコノミスト

黙示録の預言が成就するかのような衝撃を世界に与える、悪質なシナリオが動いていると推測しています。 延期になった東京オリンピックと共にエコノミスト表紙に入っています。

13

エコノミストの72%が、アメリカは2021年の終わりまでに不況に入ると考えている(BUSINESS INSIDER JAPAN) 赤かぶ

2021 エコノミスト

そこで振り返りますと、横並びのキーワードは世界戦争、バイのワクチンマネー、日米スイス 対 中国です。

1