水田 リノベーション 事業。 新市場開拓に向けた水田リノベーション事業の要望調査について:農林水産省

栃木県/実需者ニーズに応じた低コスト生産等の取組を支援します(新市場開拓に向けた水田リノベーション事業)

事業 水田 リノベーション

7万haの作付けを他作物に転換し、米の需給と価格の安定を図ることが求められている。 飼料用米については、標準単収以上の収量が確実だった農業者には、自然災害時でも生産コストを埋める支援水準として10a8万円とする。

10

2021年産米の作付け転換に10aあたり4万円の助成(水田リノベーション事業)。

事業 水田 リノベーション

参考資料 需要創出・拡大整備支援事業 1.支援内容 水田リノベーション産地・実需協働プランに参画する実需者が、輸出等の需要に応じた加工品の生産体制の強化や国産原材料への切替えのために必要となる機械・施設の整備を支援します。 もちろん輸出用米についても同様であることは言うまでもない。

20

【2021 正念場 水田農業】インタビュー・農林水産省・平形雄策農産部長 主食用以外の定着を支援(上)|クローズアップ|農政|JAcom 農業協同組合新聞

事業 水田 リノベーション

7万haとなりましたが、それでも過去最大級の面積の転換が必要です。 直近の加工用向けMA米の売却価格は、うるち米がトン10万3865円、もち米が17万0129円であり、この価格と同値水準にするには3年産加工用米を2年産より1俵3000円以上値下げしなければならない。

4

【2021正念場 水田農業】需給状況 危機感共有を――米在庫削減が最大の課題に JA全中 馬場利彦専務に聞く(2)|クローズアップ|農政|JAcom 農業協同組合新聞

事業 水田 リノベーション

詳細については下記のリンク先をご覧ください。 支援を受けるには、事業に基づいて地域協議会が策定したプランに参画し、定められた低コスト生産等の取組メニューのうち3つ以上を行うことが条件。

9

栃木県/実需者ニーズに応じた低コスト生産等の取組を支援します(新市場開拓に向けた水田リノベーション事業)

事業 水田 リノベーション

その際、改めて考える必要があるのは販売環境を整備するため、JAグループは20(令和2)年産米のうち20万tを長期計画的販売を決めて実践していこうとしていることです。 今後、関連対策を前提にした作付けや出荷先の議論を進めていく中で、目安の修正も検討していただきたいですし、さらに具体的な作付け意向の把握と生産・出荷の見極めも進めていただきたいと考えています。 新市場開拓に向けた水田リノベーション事業の要望調査について 現在、都道府県・都道府県農業再生協議会に対して要望調査を実施中です。

6

2021年産米の作付け転換に10aあたり4万円の助成(水田リノベーション事業)。

事業 水田 リノベーション

農水省は低コスト生産の取り組みは、すでに実施していることでも要件とするとしているが、取り組み面積を拡大したり、新たな取り組みの実施を推奨する。 補助金なので、水田活用直接支払交付金と違って、要件を満たしていれば必ず交付されるというものではなく、輸出をはじめ将来に向けた需要拡大を進めていく取り組みをポイント制にして、予算の範囲内で採択するという仕組みです。

7

2021年産米の作付け転換に10aあたり4万円の助成(水田リノベーション事業)。

事業 水田 リノベーション

輸出米や加工用米、高収益作物(園芸作物など)と飼料用トウモロコシをさらに拡大する場合は10a3万円を3. このうち270億円の補正予算を充てるのは「水田リノベーション事業」。

18