傲岸 不遜。 「傲岸不遜」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

四字熟語「傲岸不遜(ごうがんふそん)」の意味と使い方:例文付き

不遜 傲岸

日常生活ではあまり使わない言葉ですが、これを機に覚えておけば損はないはずです。

四字熟語「傲岸不遜(ごうがんふそん)」の意味と使い方:例文付き

不遜 傲岸

売上金額はキッチリとデータで示されているにも拘わらず、自分の頑張りが報われていないと主張します。 事前にメギド系の万能属性のスキルを使えるペルソナを用意していると、最後のトール戦でも安定して戦闘を行える。

「不遜」の意味と使い方・「傲慢」との違い・四字熟語・類語

不遜 傲岸

二つ目の不遜を使った分かりやすい例としては、「不遜な笑みを浮かべる役が板についてきた」「不遜な態度を取る社員を出向させた」「彼の不遜な言動が上司を怒らせた」「後輩に対して不遜な印象を持っている」などがあります。

8

“傲岸不遜”目立つ男子プロは「ジャンボ時代の負の遺産」の声|ゴルフ|日刊ゲンダイDIGITAL

不遜 傲岸

そして 傲岸不遜の「傲岸」の意味は 1. (1)驕傲(きょうごう):おごり高ぶるさま。 僭越ながら 昔は、よく職場の宴席で「僭越ながら」という常套句を使って挨拶をする上司がいました。 法廷で傍聴後は強制潜入となる 2度目の潜入は、法廷で傍聴を行った後強制で行われる。

9

「不遜」の意味と使い方・「傲慢」との違い・四字熟語・類語

不遜 傲岸

身の程知らず 「身の程知らず」とは、自分の持っている「力量や能力などの程度を弁(わきまえ)えない」こと、あるいは「そのような様」および「そのような人」を意味します。

「不遜」の意味とは?類語・対義語や四字熟語「傲慢不遜」も解説

不遜 傲岸

傲岸の使い方 傲岸を使った分かりやすい例としては、「親父の傲岸不屈な態度はとても尊敬してる」「傲岸無礼な上司は評判が悪い」「傲岸な性格の店長にはもうこれ以上ついてはいけない」「傲岸な態度の人とは仲良くなれない」などがあります。 もし、スポーツ新聞の記者が聞きつけたら間違いなく「思い上がりも甚だしい」と紙面で叩かれます。 「岸」とは切り立った崖のことを表していて、2つを合わせると「お高くとまって威張っている」という状態を表す言葉になります。

3