恋人 よ 僕 は 旅立つ。 恋人よ、僕は旅立つ

木綿のハンカチーフ

旅立つ は 恋人 僕 よ

なんということだ。 143• 都会暮らしに慣れた青年は、きっと君に似合うと都会で流行(はや)りの指環(ゆびわ)を贈る。

14

恋人よ、僕は旅立つ~♪

旅立つ は 恋人 僕 よ

とはいえ、寝床は新居に移す。 だけど、新しい関係を築いていきたいとは思う。

6

木綿のハンカチーフ(太田裕美) / コード譜 / ギター

旅立つ は 恋人 僕 よ

僕は、彼女の手紙をようやく開封しました。

木綿のハンカチーフ~歌詞

旅立つ は 恋人 僕 よ

都会に旅立った青年と故郷に残った娘の恋文のやり取りである。 アフター5のために臨戦態勢万全、という意識のないカジュアルさが好きだったことを改めて思い出し、僕は愛おしさに少しだけ涙が出そうになりました。 もしかしたらもうお互いをパートナーとしては選ばない、そんな結末もあるのかもしれないけれど 今のところは最高の相棒だと思っています。

17

木綿のハンカチーフ~歌詞

旅立つ は 恋人 僕 よ

恋人よ、僕は旅立つ。 一般職の私から見ればエリートコースにのった将来有望な青年で、立場は全く違います。 東京に戻ってくるの、待ってるから。

恋人よ 僕は旅立つ

旅立つ は 恋人 僕 よ

想い人よ、僕は旅立つ 僕が福岡に旅立つ日。 きっと僕はこのまま、この彼女と復縁するのでしょうね。 きっと志を持って上京し、就職したはずである。

6

木綿のハンカチーフ

旅立つ は 恋人 僕 よ

「また優一とこっちで過ごせるなんて、嬉しい」 彼女はそばに近づいてくるなり、嬉しそうに僕の腕に手を回してきました。 結局、彼からの連絡は来なかったけれど。 最後に、1行空けて書かれていた言葉。

恋人よ、僕は旅立つ~♪

旅立つ は 恋人 僕 よ

友達以上、恋人未満のような同期の男女…二人の恋のゆくえは? つかず離れずの関係で同期をキープしていた優一と、手紙で期待を持たせながらも別の男性とつきあっていた結衣。 東へと向かう列車で…そう、太田裕美さんの『木綿のハンカチーフ』である。 何度か一歩先に進みそうな雰囲気になったこともありましたが、彼、自ら決定打を打ってこなかったのです。