柿 食 えば 鐘 が 鳴る なり 法隆寺。 柿食へば鐘がなるなり法隆寺:子規の写生句

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺とは

鐘 なり 法隆寺 えば 食 が 柿 鳴る

『法隆寺の茶店に憩ひて』と前書きがあり、法隆寺に立ち寄った後、喫茶店で一服して柿を食べていると法隆寺の鐘が鳴り、その鐘の音色に秋の訪れを感じた、というのがこの句に込められて正岡子規の想いでもあります。

2

柿の花言葉を詳しく!甘い果実にステキなメッセージが付いていたよ!

鐘 なり 法隆寺 えば 食 が 柿 鳴る

子規には法隆寺を詠んだ句がほかにいくつかあるが、それらは いく秋をしぐれかけたり法隆寺 のように、雨を読み込んでいる。 」がつきます。 季語は柿でありこれは秋の象徴でもあります。

柿食へば鐘がなるなり法隆寺:子規の写生句

鐘 なり 法隆寺 えば 食 が 柿 鳴る

生きる希望は俳句を詠むこと。

【三千の俳句を閲し柿二つ】俳句の季語や意味・表現技法・鑑賞文・作者など徹底解説!!

鐘 なり 法隆寺 えば 食 が 柿 鳴る

「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」の鑑賞文 まことに奈良らしい風情の中に、 秋の訪れを実感していることを表す句です。

9

日本の秋の味覚【柿】

鐘 なり 法隆寺 えば 食 が 柿 鳴る

ビタミンCの含有量も多いので、美容はもちろん、二日酔いの朝などにもなかなか効果的。 ) (1) よくひびく子猫の鈴や柿日和 (内田雅子) (2) 三千の俳句を閲(けみ)し柿二つ () (3) よろよろと棹がのぼりて柿挟む ( ) (4) 大和路や軒場に吊す柿すだれ (井上輝男) (5) 故郷へ向かふ車窓や柿の秋 (篠藤江) (6) 境内を駆け回る子等柿日和 (谷野由紀子) (7) 柿を捥ぐ吾を烏の見てをりぬ (塩田博久) (8) 柿日和ゴルフに和む古稀と喜寿 (河本利一) (9) 里ふりて柿の木もたぬ家もなし () ( 10 ) 斑鳩の三塔見えて柿日和 (山村修) ( 11 ) 柿たわわ獲る人もなき山の里 (西田史郎) ( 12 ) 白壁に柿の実映ゆる二月堂 (吉田宏之) ( 13 ) 落日に染まる一村柿の秋 (宮平静子). 家に生えていた柿の木は大きいもので、6〜7メートルありましたから、柿の実を取る手間が省けてよかった記憶があります。

『柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺』から読み解く正岡子規の想いとは・・・

鐘 なり 法隆寺 えば 食 が 柿 鳴る

この場所は句の前書きにある茶店のあった跡地である。

5