ユーザーの感性に寄り添うインタラクティブなサーチ

技術基盤本部 リッテル研究所 [Technology Platform Department Littel Laboratory]

NEXT Co.,Ltd. [-Enter the NEXT Stage-]

第13回図書館総合展「マイニング探検会」メンバー成果物ポータル

「マイニング探検会 (マイタン)」は、図書館や出版の関係者など、知識情報産業に携わる参加者からなる情報マイニング技術を利用した、新たな図書館の未来を探る勉強会です。清田 陽司 (株式会社ネクスト 技術基盤本部 リッテル研究所) と 岡本 真 (アカデミック・リソース・ガイド株式会社) の両名を発起人として開催しています。

図書館業界、出版業界といった枠を一歩飛び出して、新たなアイディアを熱く語り合い、お互いに刺激を与え合うための場です。参加者ひとりひとりが新たな情報サービスのプロデューサーとして活躍されることを目指し、情報マイニング技術の広大なフィールドを探検しています。

どのような活動を行っているのか?

参加者が、学術の成果である情報マイニング技術のフィールドを縦横無尽に探検し、現場に還元できる人材となることを目指し、Webサービスをプロデュースするのに必要となる各種要素技術の講習や、実践的な情報サービス開発を行ってきました。

要素技術の講習
  • サービス間連携を実現するAPI
    Amazon, CiNii, J-GLOBAL, PORTAなど
  • 検索技術
    Yahoo!, Google, GETAssocなど
  • テキスト処理技術
    形態素解析、構文解析、クラスタリングなど
実践的な情報サービス開発

俺CiNii

欲しい情報をこまやかに、ざっくりと。
http://sd.pot.co.jp/orecinii/

検索エンジン、という便利な発明なしにはもはや「情報を探す」ということは成立しない昨今ですが、「欲しい情報を的確に得られるかどうか」は「的確な検索語を思いつけるかどうか」に依存してしまう、という問題を抱えています。

この、いわば堂々めぐりな状況に対する一つの解として、SVM (Support Vector Machine) が使えるのではないか? という仮説を立てたのが我々チームの取り組みの発端でした。SVMはすでにさまざまな分野で使われている、いわば「枯れた」手法ですが、日常の情報探しのツールとしてもっと気軽にパッケージ化したものが「Kajiki」です。

さらに、これを組み込んだWebアプリケーションとして、CiNiiの膨大な論文を自分好みに仕分けする「俺CiNii」を作成しました。この育成型情報分類ツールが、みなさまの情報ライフを豊かにするための、ちょっとしたヒントになれば幸いです。

mitanProduct01_SS

シー・ビブリオ

書籍探しの新スタイルを提案
http://www.slideshare.net/genroku/ss-9956943

ソファーに寝転がって眺めるだけで楽しめる!TV感覚で味わえるカジュアルな書籍情報ナビ。パっとわかる入門書もじっくり読みたい専門書もディスプレイいっぱいに広がってあなたの五感を刺激します。あなたに書籍たちとのリッチな出会いを提供します!

mitanProduct02_SS

ブクリス

ニュース×カーリル×OPAC! [『気になる本』と出会える図書館サイト]
http://maitan-a.litteldev.net/

「何か面白い本無いかな?」と本との出会いを求めるには、検索語を入れないと本が探せないOPACはハードルが高すぎる!

そこで、作りました。旬の話題に関するブックリストを自動で生成・表示してくれるシステム!

新聞社のRSSからキーワードを抽出。それらのキーワードで検索した結果をランダムでリスト表示。新聞社だけではなく、RSSなら何でもOK!さらには、キーワードを指定してリストを作ること、ブックリストを作り込んで同様に表示させることも、将来的には可能に!

ソースとなるRSS、キーワードリスト、ブックリストはいつでも変更・追加・削除が可能。
また、カーリル・ローカルAPIを使用することで、図書館IDを変更すれば、どの図書館でも即導入可能な汎用性。

あなたの図書館サイトの資料提供機能をアップしませんか?

mitanProduct03_SS

RefMaster

「遊びながらレファレンススキル向上を図れるツール」
https://refmaster.litteldev.net/

レファレンス協同データベースのAPIを利用し、誰でもレファレンスのスキルアップができます。また、遊ぶ副作用として元データの品質向上も図ることができます。

mitanProduct04_SS