プログル 技術。 プログル|学校の授業で使えるプログラミング教材

みんなのコード、中学向けプログラミング教材「プログル技術」を提供開始|みんなのコードのプレスリリース

技術 プログル

この「〇〇前に進む」などのブロック一つひとつにのコードが埋め込まれており ユーザーがブロックをつなげていくと、その組み合わせ方に合わせて、コードのコンテキストが出来上がり、evalなどを介して処理系に渡して実行する…というフローで、ビジュアルプログラミングを実現しています。 2020年7月23日にオンラインで行なわれたリリースイベントの様子と共に、教材を紹介しよう。

13

プログルを支える技術

技術 プログル

教材の提供にとどまらず、実際の授業で活用しやすいように、指導案やワークシート、教室のスクリーンやTV画面などに投影して使っていただく授業スライドなども合わせて提供します(一部のコンテンツは、7月23日開催のリリースイベントにてお披露目します)。

14

2021年度から様変わりする中学「技術」のプログラミングにどう対応するか?——みんなのコード「プログル技術」リリースイベントレポート

技術 プログル

・団体名:特定非営利活動法人みんなのコード ・代表:代表理事 利根川 裕太 ・設立:2015年7月 以上• 今回、 みんなのコードではこれらの声に基づき、これまでに小学校領域において培ってきた「プログラミング教材開発」および「教員養成」のノウハウをもとに、中学教材を開発しました。

みんなのコード、中学向けプログラミング教材「プログル技術」を提供開始(2020年7月8日)|BIGLOBEニュース

技術 プログル

Script• png ] 「プログル技術」は学校現場の限られたインフラやリソースでも活用でき、教育的効果の高いプログラミング教材として、全国の中学校・教育機関向けに無償で提供されます。 登録作業やID・パスワード等の管理など、多忙な先生方の負担は軽減しつつも、生徒の進捗管理や課題提出状況が把握できる先生用管理画面が用意されているなど、学校現場の課題に寄り添ってきたみんなのコードならではの機能が多数搭載されています。

10

みんなのコード、中学向けプログラミング教材「プログル技術」を提供開始(2020年7月8日)|BIGLOBEニュース

技術 プログル

2019年4月24日 リセマム• 本日より、プログル公式サイト()より利用可能です。

7

みんなのコード、新学習指導要領に対応した中学校向けプログラミング教材「プログル技術」を提供開始:EdTechZine(エドテックジン)

技術 プログル

「プログル技術」はこれらに準拠し、先生方が従来の授業の中にも無理なく取り入れ、指導できるように設計されています。 先生自身がフィードバックを寄せることは仕様の改善に貢献することになる。 教材の提供にとどまらず、実際の授業で活用しやすいように、指導案やワークシート、教室のスクリーンやTV画面などに投影して使っていただく授業スライドなども合わせて提供します(一部のコンテンツは、7月23日開催のリリースイベントにてお披露目します)。

みんなのコード、新学習指導要領に対応した中学校向けプログラミング教材「プログル技術」を提供開始:EdTechZine(エドテックジン)

技術 プログル

yarn• 登録作業やID・パスワード等の管理など、多忙な先生方の負担は軽減しつつも、生徒の進捗管理や課題提出状況が把握できる先生用管理画面が用意されているなど、学校現場の課題に寄り添ってきたみんなのコードならではの機能が多数搭載されています。 加えて、2021年度からは中学校、2022年度からは高等学校においても新学習指導要領が実施され、プログラミング教育が拡充される中で、すでに中学校の先生方からは「学校のICT環境にてネットワークを利用した学習内容についてどのように指導したらよいのだろうか」という戸惑いの声も聞こえてくるようになりました。 2019年5月15日 Impress Watch• を使わせていただいてます(ありがとうございます🙏)• 教員が従来の授業の中にも無理なく取り入れ、指導できるように設計されている。

13

プログル|学校の授業で使えるプログラミング教材

技術 プログル

スタート地点に適した教材 模擬授業に続いて、宮城教育大学技術教育講座の安藤明伸教授が講評を行った。 中学校新学習指導要領の実施に向けて今から準備を GIGAスクール構想により、全国の小中学生が1人1台のPC環境を手に入れられる日が徐々に近づいてきている。

17

みんなのコード、中学向けプログラミング教材「プログル技術」を提供開始

技術 プログル

create-react-app で賄えない実装要件については、react-app-rewiredで設定を上書きすることで、対応しています(ejectしても良いのですが、それだとせっかくcreate-react-app流に乗せたメリットが無くなってしまうので一旦やめました)。