歎異 抄。 歎異抄とは

名著53 「歎異抄」:100分 de 名著

抄 歎異

その後、時代になり、らによって再度、評価され、近代の研究の手法で研究され、世間に周知されるようになった。

名著53 「歎異抄」:100分 de 名著

抄 歎異

善信房の信心も如来よりたまわらせたまいたる信心なり。 そのゆゑは、如来 の御こころに善しとおぼしめすほどにしりとほしたらばこそ、善き をしりたるにてもあらめ、如来の悪しとおぼしめすほどにしりとほ したらばこそ、悪しさをしりたるにてもあらめど、煩悩具足の凡夫、 火宅無常の世界は、よろづのこと、みなもつてそらごとたはこと、 まことあることなきに、ただ念仏のみぞまことにておはします」と こそ仰せは候ひしか。 その深遠さ、美しさは、多くの作家や哲学者など、有名な知識人が絶賛するのです。

17

五木寛之・[私訳]歎異抄~私はこう感じ、このように理解した

抄 歎異

弥陀の本願には老少善悪の人をえらばず、ただ信心を要とすと知るべし。 つづまるところわたしの信心は、この通りです。

4

歎異抄とは

抄 歎異

これはその当時の人々の習慣でもあったらしく、法然聖人も法語のなかで「十悪の法然房」とか「愚痴の法然房」といわれています。 出版書籍 [ ]• しかるを世の人つねにいわく、 「悪人なお往生す、いかにいわんや善人をや」。

五木寛之・[私訳]歎異抄~私はこう感じ、このように理解した

抄 歎異

この親鸞は、一人の弟子もありません。 すべて万の事につけて往生には賢き思いを具せずして、ただほれぼれと弥陀の御恩の深重なること、常は思い出しまいらすべし。 『私訳 歎異抄』とは、私はこう感じ、このように理解し、こう考えた、という主観的な現代語訳である。

歎異抄を読むときおすすめの解説書は?

抄 歎異

かまへてかまへて、聖教をみみだらせたまふま じく候ふ。 仏説まことにおはしまさば、 善導の御釈虚 おんしゃくきょ 言 ごん したまふべからず。

『歎異抄』と福音 新連載 第一回 親鸞人気を支えているもの

抄 歎異

これって普通、反対だと思いませんか? ちょっと難しいのでよく考えてみてください。