空母 いぶき 映画 ひどい。 実写版『空母いぶき』をおススメできないこれだけの理由(古谷経衡)

「ここまで酷いとは・・」空母いぶき ゆっきーさんの映画レビュー(ネタバレ)

ひどい 空母 いぶき 映画

本当はですよ、空母いぶきに船上して指揮をとるとか、官邸で閣僚を前にして指示をだすとか・・・・。 時間が限られた中での落とし処として、致し方ないのかもしれないが、この映画自体に、『一線』を越えれない壁のようなものを感じ、残念に思う。

15

空母いぶきの映画レビュー・感想・評価「ガース総理大臣大丈夫?」

ひどい 空母 いぶき 映画

では、実際に映画を観て、このシーンが必要だったかと問われると、正直、どちらでもいい気がした。 通常であれば、そんな問題を起こしたジャーナリストには、監視員がつくと思うのですが、それがない。

19

映画『空母いぶき』は忖度映画である。ネタバレ、感想、評価。

ひどい 空母 いぶき 映画

合わせて観たい映画 【軍隊に関する映画】 映画『愛と青春の旅だち』 リチャード・ギアとデブラ・ウィンガーが愛を育む 映画『ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場』 クリント・イーストウッドが「ポンコツ」を育ててグレナダへ 映画『ゴッドファーザー』 アル・パチーノ演じるマイケルは軍隊帰りの好青年だった 映画『硫黄島からの手紙』 二宮くんは故郷に残した妻子に生還を誓う 『アメリカン・スナイパー』 イラク戦争で「スナイパー」として活躍したが、、、 【戦争に関する映画】 映画『この世界の片隅に』 戦争映画の認識を変えた名作 映画『硫黄島からの手紙』 二宮和也の名演が素晴らしい 映画『父親たちの星条旗』 アメリカ側から見た硫黄島 映画『名もなき生涯』 何も利益もない「神の教えに忠実」でいたいだけ 映画『1917 命をかけた伝令』 第一次世界大戦の塹壕戦での伝令は少年が担った 映画『彼らは生きていた』 ピーター・ジャクソンの作家性に驚愕 映画『ジョジョ・ラビット』 母のプライドは死んでも消えない 映画『プライベート・ウォー』 隻眼の女性ジャーナリスト「シリアで死す」 映画『アルキメデスの大戦』 戦争阻止のための計算式ってあるのか? 映画『芳華-Youth-』 戦争の一番の犠牲者は子どもと女性 映画『記者たち 衝撃と畏怖の真実』 記者の精神は真実を伝えるためにある 映画『愛と死の記録』 戦争が終わっても戦いが終わらない人もいる 映画『あゝひめゆりの塔』 沖縄での戦闘で罪のない女性が亡くなった 映画『父と暮せば』 原爆で死んだ父が亡霊となって娘に会いにきた 映画『絶唱(1975)』 若き二人の恋愛を邪魔したのは戦争です. 最悪なストーリーなんだから、せめてエンタメ映画のセオリーは守れよといいたい。

1

実写映画『空母いぶき』は本当に駄作なのか?(ネタバレあり)

ひどい 空母 いぶき 映画

CGを使っているところも、それほどCGに見えないし、違和感はなくストレスもなかった。

14

空母いぶきの映画レビュー・感想・評価「ひどい映画だ」

ひどい 空母 いぶき 映画

余談だが、映画版で最も力を入れたであろう空中戦闘の部分は、艦橋(CIC:戦闘指揮所)との通信シーンで自衛隊側のパイロットの顔がアップショットになるワンパターンの演出以外存在せず、正直言って押井守監督の『機動警察パトレイバー 2 the Movie』(1993年)から比すると、 現代空中戦を描く演出技量に、あまりにも差がありすぎる。 アホかと思うほど。

1

実写映画『空母いぶき』は本当に駄作なのか?(ネタバレあり)

ひどい 空母 いぶき 映画

憲法に羽交い締めされている前線の自衛隊、自衛官や政府、首相等の司令部の心情・表現は、実際の日本人が日本国憲法のあり方を考えるきっかけにはなり、その辺はかわぐちかいじ先生の伝えたい理念として描かれてはいる。 自衛権云々に関しては、現実的では無いですね。 一方で、「お腹を下しやすい」というキャラクター設定が、そこまで批判されるべきかどうかは、人それぞれの感覚で異なるだろう。

10

「ここまで酷いとは・・」空母いぶき ゆっきーさんの映画レビュー(ネタバレ)

ひどい 空母 いぶき 映画

だって、その水筒を総理が口につけるシーンすらないのだから、そう思われてもい仕方ない。 純粋にエンタメ映画を鑑賞する観客の立場でものを言うと、開始数分で引き込んでくれない映画は2時間見るのが本当に苦痛である。

17

実写版『空母いぶき』をおススメできないこれだけの理由(古谷経衡)

ひどい 空母 いぶき 映画

娯楽映画ですからね! ただ戦闘の決着の仕方が 中国を含む常任理事国5カ国の 潜水艦が現れ 戦闘を仲裁した形となっていますが、 そんなわけないよね 笑 という思いでいっぱいになります。

18

駄作|空母いぶき

ひどい 空母 いぶき 映画

勝手な予想だが、初期の脚本を読んで出演をオッケーしたが、それからすったもんだの繰り返しで、改定された脚本になったのではないか。

3