みなとみらい 商業 施設。 みなとみらいに新名所!複合施設「横浜ハンマーヘッド」が2019年10月オープン【神奈川】|じゃらんニュース

施設案内

商業 施設 みなとみらい

商業棟(低層部)• ・1店舗につき税込3千円以上お買上げで1時間無料サービスいたします。 (B4〜1Fにコイン式ベビーカーあり)• 完成後にはがオフィス部分とライブハウス型ホールを取得し本社を移転 (ライブハウス型ホールの運営はに委託 )、また高層部のホテル部分にはの「東急REIホテル」ブランドが出店する。

5

横浜みなとみらい21

商業 施設 みなとみらい

が38街区に収容客数1万人規模の大型「」を開設 (土地は30年間の定期借地 )。 施設内段差あり• の一部である、国際大通り地下部分(本線)の「みなとみらいトンネル」が開通。

7

横浜みなとみらい21

商業 施設 みなとみらい

、、による複合オフィスビル「」が33街区に完成。

4

横浜の新名所続々!2020年みなとみらい21地区開発

商業 施設 みなとみらい

2000年代半ばには日産自動車グローバル本社等、多くの企業法人の立地が進んだ。 施設カテゴリから探す• 高層階には分譲マンション「ザ・タワー横浜北仲」や長期・短期滞在型宿泊施設「オークウッドスイーツ横浜」も入ります。 ベビーカー、車椅子のお貸出• 1階にはにぎわい施設として、初期に使われていた保存車両()などを展示する「」を2020年1月に開設。

(仮称)MM37タワーの建設状況!みなとみらい住宅展示場跡地にホテルや店舗の複合施設

商業 施設 みなとみらい

「」 (18街区)開業。 TOWERS」 (39街区)竣工。 (から分離新設、2018年度より10年間限定で開校する方針) 歴史的建造物 [ ] みなとみらい21 街区開発状況図(2020年4月1日時点) 各の位置・詳細情報は、横浜市都市整備局の「」および「」 を参照。

施設案内

商業 施設 みなとみらい

レストランとなっているため、演奏を楽しみながら食事をとることも可能。 「」(現:横浜ベイホテル東急) (24街区)開業。

みなとみらいに新名所!複合施設「横浜ハンマーヘッド」が2019年10月オープン【神奈川】|じゃらんニュース

商業 施設 みなとみらい

システムセンタープラント 街区 内容 備考 32街区 みなとみらい分庁舎• 横浜市ではこの年の4月から2028年3月までの10年間、57街区の一部(約9,000m 2)に「」(同から分離新設)を期間限定開校する方針。

みなとみらいに新名所!複合施設「横浜ハンマーヘッド」が2019年10月オープン【神奈川】|じゃらんニュース

商業 施設 みなとみらい

研究開発拠点ではカメラ事業だけでなく、製品(を含む)や関連機器などの研究開発も進める。 2011年• これらの通りにはそれぞれを代表する種類の異なった街路樹が植えられており、みなとみらい大通りが、さくら通りが、けやき通りが、いちょう通りが、すずかけ通りが、とちのき通りがとなっている(みなとみらい大通りを除き、通りの呼び名は街路樹の種類に因む)。 駐車台数は247台。

9