折々 の ことば。 「折々のことば」の担当記者に聞く「ちょい読み」│「ちょい読み」から楽しむ│朝日新聞

「折々のことば」の担当記者に聞く「ちょい読み」│「ちょい読み」から楽しむ│朝日新聞

の ことば 折々

29) この寝たきりのベッドの上からの呼びかけのことばの重みをかみしめたい。 一日の苦労は、その日一日で十分である。 [2015.。

19

「折々のことば」の担当記者に聞く「ちょい読み」│「ちょい読み」から楽しむ│朝日新聞

の ことば 折々

でもあなたはいま愛の実践ができるのですから、自分を愛することでご先祖にも愛を与えてください。

「折々のことば」の担当記者に聞く「ちょい読み」│「ちょい読み」から楽しむ│朝日新聞

の ことば 折々

(NHK『こころの時代』「怒りの炎を抱きしめる」2015. 問題があるからそれを解決するために努力をする。 「わかろうとしない人が信じてくれなくても、もうそんなことはどうでもよいのです。 その彼女が、少し自嘲気味に洩らしたのが、このことばである。

15

哲学者・鷲田清一 [折々のことば]

の ことば 折々

読者が朝刊で読んで「あれ?」と心にひっかかるようなものになるといいな、と思っています。 」 私は高校時代にこのことばに接して、それ以来、何か辛いことがあるような時には、時折このことばを思い出すことがあった。 [2015. しかし彼の場合はそれだけではなかった。

5

「折々のことば」の担当記者に聞く「ちょい読み」│「ちょい読み」から楽しむ│朝日新聞

の ことば 折々

沙羅双樹の花の色、盛者必衰のことわりをあらわす」と重なり合って、切実に胸に迫ってくる。 ・・・・・だがこのサムライはここに及んでも死ぬことは卑怯だと考えた。

17

「折々のことば」の担当記者に聞く「ちょい読み」│「ちょい読み」から楽しむ│朝日新聞

の ことば 折々

彼らは生きている間、十分な愛を受け取っていなかったかもしれません。 The robbed that smiles steals something from the thief. やはり、盗まれることをどう捉えるかが大切なのであろう。 [2015. 自分に戻って、ゆっくり息を吸って息を吐きます。

2

哲学者・鷲田清一 [折々のことば]

の ことば 折々

聖書の記載では、このことばを口にしたとき、イエスは弟子ユダの裏切りにより、自分がまもなく捕えられて十字架にかけられることを知っていた。 思いがけない言葉との出会い。

4