秋山 徳蔵。 秋山徳蔵の写真、名言、年表、子孫を徹底紹介

天皇の料理番 秋山徳蔵復刻メニュー

徳蔵 秋山

こんなことを言われたら、どんな内容だったのか余計気になりますね。

秋山徳蔵

徳蔵 秋山

秋山徳蔵は短気なので怒って「そうですか。 「やはり国民と同様に外国米を混ぜよ」 まだ食糧事情がそれほど行き詰まっていない時期から、昭和天皇は「やはり国民と同様に外国米を混ぜよ」と指示を出し、「半つき米に、丸麦、それにを混ぜたもの」を食べていたという。

20

秋山徳蔵の経歴と生涯。家族や貞明皇后とのエピソードや逸話

徳蔵 秋山

あなたは、 秋山徳蔵という人物をご存知でしょうか。 と気を遣いました。 たばこは一日に200本程吸う超愛煙家、そして大のであった。

1

歴史秘話ヒストリア

徳蔵 秋山

『20世紀人名事典』 日外アソシエーツ 2004年7月刊• 明治以降、秋山が知る限り皇族が厨房を訪問する事は前代未聞であり、そもそも貴人が厨房に近付く事を忌避する風習が日本にはあった。

9

歴史秘話ヒストリア

徳蔵 秋山

師匠のレシピを盗む [ ] 秋山が修業を始めた頃、最も困ったのは、先輩達がというものを教えてくれない事であった。

11

歴史秘話ヒストリア

徳蔵 秋山

厨房には電灯がついていたのだが、ザリガニは習性的に光が苦手で暗いところを好むため、天から降りてきた布巾を伝って生け簀の外に逃げ出し、光の当らない荷物の影に逃げ込んだのである。

10

インタビュー|TBSテレビ:『TBSテレビ60周年特別企画 日曜劇場 天皇の料理番』

徳蔵 秋山

地元の神奈川に帰るのも正月くらいで、他には大会のある春と秋に会っていたようです。 部下は別の用事で荷物を持ち上げたところ、荷物の影に隠れていたザリガニを見つけたのだという。