親族 相 盗 例。 ★★【相続判例散策】親族相盗例が適用されないケース(最高裁平成24年10月9日決定)

親族相盗例。もう別の家庭をもち別居している兄弟にお金を盗まれても親族相盗例で罰は免除ですか?

相 盗 例 親族

免除というのは有罪判決の一種ですから 罪にならない、というのは正確ではありません。 親族相盗例の免除対象範囲について 調べてみますと『直系血族、配偶者、その他同居親族』とあります。 また、強盗(致傷)罪で起訴したところ、判決では恐喝罪が認定されたため、親族相盗例が適用され刑の免除が言い渡された事例がある(横浜地判平成24年11月30日)。

4

親族相盗例の親族の範囲をわかりやすく解説

相 盗 例 親族

これを法律に照らすと、刑法第252条第1項の「横領罪」にあたります。 それなのに罪にならない。

親族間の窃盗は刑を免除?親族相盗例について刑事事件に強い弁護士が解説

相 盗 例 親族

そもそも、逮捕されてしまった本人は身柄を拘束されているので、示談交渉も物理的に不可能です。 被害者が警察を呼ぶということから始まります。 家族や親族が年金などを横領・着服した場合の刑事処罰はどうなるのか? 日本の刑法には、親族相盗例という特例が定められており、親族間で発生した一部の犯罪については、その刑が免除されるか、親告罪(被害者等からの告訴がなければ公訴提起できない犯罪のこと)と扱われることになります。

8

親族相盗例ですが、先日警察に言ってきました。配偶者(妻)だから...

相 盗 例 親族

2.錯誤が問題になるという意味が不明です。

17

成年後見人による横領は親族同士でも犯罪になる! 逮捕の可能性はある?

相 盗 例 親族

後見人には裁判所の許可を要する行為もありますが、財産に関する全ての法律行為について代理権が与えられます。

1

親族相盗例ですが、先日警察に言ってきました。配偶者(妻)だから...

相 盗 例 親族

に母親の死によっての受取人となった未成年者の預金をからに任じられた実の祖母(直系血族)と伯父夫婦(同居の親族)が横領するという事件が発覚した。 刑務所に入りさえすればいいのです。

親族相盗例

相 盗 例 親族

親族相盗例の対象になるのは、窃盗罪(235条)・不動産侵奪罪(235条の2)・詐欺罪(246条)・電子計算機使用詐欺罪(246条の2)・背任罪(247条)・準詐欺罪(248条)・恐喝罪(249条)・横領罪(252条)・業務上横領罪(253条)・遺失物等横領罪(254条)とこれらの未遂罪です。 このような例から、業務上横領罪は「お金を扱う機会のある職業に就いている人が対象となる犯罪」というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

9

親族相盗例の免除対象範囲について調べてみますと『直系血族、配...

相 盗 例 親族

ここで気になるのが、横領した成年後見人が成年被後見人の親族である場合でも、他人と同じように罰せられるのか、という点です。 したがって、親族の物を他人が占有する場合や、他人の物を親族が占有する場合については、この特例の適用はない。 この場合のような家庭内での力関係では「弱者」である若年の卑属の個人財産が年長の親族によって侵されたような場合には、親族相盗例がかえって弱者保護の妨げになってしまうケースも存在しうるのである。

11

成年後見人による横領は親族同士でも犯罪になる! 逮捕の可能性はある?

相 盗 例 親族

もっとも、「前項に規定する親族以外の親族」にはあてはまりますので、上記2項に該当し、被害者の「告訴」がなければ「公訴を提起」できなくなります(親告罪といいます)。

13