かい ãļつ。 įĒå˛ŗ (かいがく)ã¨ã¯ã€ãƒ”ã‚¯ã‚ˇãƒ–į™žį§‘äē‹å…¸ã€‘

åąąæĸ¨įœŒįĢ‹åšį‰Šé¤¨

ãļつ かい

「かい動į‰Šį—…é™ĸ」では「å‘ŊãĢčĒ åŽŸãƒģわかりやすい動į‰ŠåŒģį™‚」をめざしãĻ取りįĩ„んでいぞす。 åŊŧがå¯ēでぎį”Ÿæ´ģãĢついãĻおう思ãŖãĻã„ãŸã‹ã¯ä¸æ˜Žã ãŒã€æ‚˛éŗ´åļŧぎ回æƒŗã‚ˇãƒŧãƒŗã‚„å˜čĄŒæœŦぎã‚Ēãƒžã‚ąãƒšãƒŧジではéŖŸäē‹ã‚„æ‚˛éŗ´åļŧãĢ頭をæ’Ģでられた時ãĢåąˆč¨—ãĒくįŦ‘ãŖãĻいる場éĸが描かれ、å¸Ģ匠である慈悟郎や善逸と暎らしãĻいた時と違うéĸもčĻ‹ã›ãĻいる。 そしãĻいえãĢかえãŖãĻ あたらしいマãƒŗトをãŦいはじめぞした。

12

かい動į‰Šã‚¯ãƒĒニックīŊœæĩˇč€åå¸‚ãƒģåē§é–“市ぎ動į‰Šį—…é™ĸīŊœæ—Ĩ曜įĨæ—Ĩ

ãļつ かい

最å„Ēį§€į›ŖįŖčŗžâ€ĸ īŧˆīŧ–īŧ‰ããŽäģ–、そぎäŊŋį”¨ãŒč‘—しく不遊åŊ“であるとき。

9

č‹Ĩį‹­å°æĩœ 丸æĩˇãŽå°é¯›ã•ã•æŧŦ

ãļつ かい

曚洞厗ぎ僧äžļがčŋˇãŖた時ãĢčĻ‹ã‚‹ã€ã¨ã‚‰ãŽåˇģですね。 äģåŖ‡é–‹įœŧぎときは、åˇĻ側ぎį´…į™ŊをäŊŋいぞす。

13

įĒå˛ŗ (かいがく)ã¨ã¯ã€ãƒ”ã‚¯ã‚ˇãƒ–į™žį§‘äē‹å…¸ã€‘

ãļつ かい

「さよãĒら」 つきぎあかるいよる ãĩるさとぎãģしãĢむかãŖãĻしゅãŖãąã¤ã™ã‚‹ãƒ­ã‚ąãƒƒ トを かいãļつはãŋおくりぞした。 ã‚Ģãƒŗドã‚Ĩと一åŽļはヒョãƒŗã‚Ŋを救うį‚ēãĢčŋŊわれãĒがらæ€Ēį‰Šã‚’æŽĸす。 それはãģã‚“ã¨ãŽã¨ã‚‚ã ãĄã˜ã‚ƒãĒいぎかもしれãĒいけお かいãļつãĢはとãŖãĻもだいじãĒã¨ã‚‚ã ãĄã§ã—ãŸã€‚

17

かいãĨ動į‰Šį—…é™ĸ

ãļつ かい

åŊŧぎはéģ„č‰˛ã§ã‚ã‚Šã€éŽŦãĢį¨˛åĻģぎようãĒ文様がå…ĨãŖãĻいる。 åˇĻ側が洒水枝、åŗ側が洒水器です。

15

かいãĨ動į‰Šį—…é™ĸ

ãļつ かい

かいãļã¤ãŸãĄã¯ マãƒŗトをãŦいで だきあãŖãĻよろこãŗぞした。

かい動į‰Šį—…é™ĸīŊœįšŽč†šį§‘ãƒģãƒĒãƒŗパč…Ģæ˛ģį™‚ぎホãƒŧムドクã‚ŋãƒŧをめざす åå¤åą‹ å°žåŧĩ旭市

ãļつ かい

そぎときは、æ–Ŋä¸ģぎ斚でã‚ŋã‚¯ã‚ˇãƒŧぎ手配をすることãĢãĒりぞす。 もし、į—…é™ĸでぎčĒŦ明がį†č§ŖできãĒかãŖたり不厉を感じた場合は、遠慎ãĒくそぎ旨をおį”ŗしå‡ē下さい。 æĩˇãŽéĸ¨ãŒæ‹ã—くãĒãŖたら、ãļらりと遊ãŗãĢいらしãĻください。

2

かい動į‰Šį—…é™ĸīŊœįšŽč†šį§‘ãƒģãƒĒãƒŗパč…Ģæ˛ģį™‚ぎホãƒŧムドクã‚ŋãƒŧをめざす åå¤åą‹ å°žåŧĩ旭市

ãļつ かい

ただし、åŊŧãŽč¨€å‹•ã‚’čĻ‹ã‚Œã°ã‚„ã¯ã‚ŠåˆŠåˇąįš„ãĒ動抟だãŖたäē‹ã¯æƒŗ像ãĢé›ŖくãĒい。 ã“ãĄã‚‰ãŽæ–šãŒį†ãĢかãĒãŖãĻいると思いぞすが。 éģžįœŧはį‚šįœŧぎ旧字äŊ“です。

åąąæĸ¨įœŒįĢ‹åšį‰Šé¤¨

ãļつ かい

「うらぎりもぎ」 「おぞえãĒんかもうãĒかぞじゃãĒい」 かãĒしくãĻそういãŖãĻいるぎがわかãŖたぎで かいãļつはãĒãĢもいいぞ せんでした。 抜魂がįĩ‚わãŖたäģåŖ‡ã¯ã€å¤ã„ã‚ŋãƒŗ゚と同じただぎįŽąã§ã™ãŽã§ã€åŸēæœŦįš„ãĢは į˛—大ゴミ です。

4