東京 都 時短 要請 協力 金。 東京都、飲食店に対し時短要請延長 協力金は100万円|ニフティニュース

東京都が夜10時までの時短営業を要請、28日から 協力金40万円

都 金 協力 時短 東京 要請

の中小企業と同規模のもの• 本協力金支出事務の円滑・確実な実行を図るため、必要に応じて、東京都は、対象店舗の営業 時間短縮の取組に係る実施状況に関する検査、報告又は是正のための措置を求めることがあります。 ガイドラインを遵守し、感染防止徹底宣言ステッカーを掲示 4 支給額 20万円(2つ以上の店舗・施設で営業時間短縮に取り組む事業者も同額) 5 申請方法など• 本協力金支出事務の円滑・確実な実行を図るため、必要に応じて、東京都は、対象店舗の営業 時間短縮の取組に係る実施状況に関する検査、報告又は是正のための措置を求めることがあります。

9月の営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金のご案内(23区内)

都 金 協力 時短 東京 要請

郵送または持参 詳細は東京都の専用ポータルサイトで公表予定 【参照】 (5)必要書類 今回、初めて申請する方 今回、初めて申請する場合は、次のような書類が必要です。 しかし新型コロナウィルス感染拡大の状況下において、店内飲食のPRを行うだけでは集客には繋がりにくいでしょう。

8

東京都が飲食店に時短要請 協力金として一律40万円を支給

都 金 協力 時短 東京 要請

東京都では、過去4回、休業要請または営業時間短縮要請を行っており、その間に休業をした事業者に対して、それぞれの期間ごとに、協力金が支給されます。 東京都の時短要請の対象 東京都特別区および多摩地域の各市町村において、酒類の提供を伴う飲食店・カラオケ店の事業者が対象としています。 役員総数の2 分の1 以上を大企業の役員又は職員が兼務していること。

6

「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(11/28~12/17実施分)」について|東京都産業労働局

都 金 協力 時短 東京 要請

東京都が飲食店に営業時間短縮を要請 画像引用:東京都HP 11月25日、東京都の小池都知事が、昨今の新型コロナウィルス感染拡大の現状を踏まえ、飲食店を中心として営業時間の短縮を要請することを発表しました。 ただし、店内飲食の営業時間がPM8:00まででも、PM7:00以降もアルコールを提供していた飲食店は、「アルコールの提供はPM7:00まで」という要請に反しているので支給対象外です。 Q.休業要請は受けていないものの、感染拡大阻止のために休業した店舗への支給は? A.今回の協力金は、休業要請に応えた事業者に支給されるものです。

6

東京都時短要請協力金

都 金 協力 時短 東京 要請

この場合に限り、営業時間に制限はありません(夜間時間帯も営業することが可能です)。

1

時間短縮に係る感染拡大防止協力金実施概要(第648報)|東京都

都 金 協力 時短 東京 要請

問い合わせ先 東京都ステッカー申請・感染拡大防止協力金相談センター 電話番号03-5388-0567 9時から19時まで毎日 外部サイト. 発表され次第当ホームページでもお知らせいたします。